中卒の仕事探し方法を伝授!就職活動を成功に導くサイト

*

中卒で就職を成功させるための手順

 気が変わらないうちに就職活動を始めましょう!就職活動は、ポイントさえ押さえておけば、何も怖いことはありません。大事なことは、このポイントを正しく捉えられているかどうか。就職活動経験、社会人経験のない中卒の人がどこにポイントを見出せばいいのかをピックアップしていきます。

自分を掘り下げ就職準備を

 就職活動をやり抜くには準備が必要です。何と言っても揺らぐことのない「目標」、これ以上にモチベーションを保ってくれるものはありません。そのために、興味があることや得意なことをとことん掘り下げてみてください。

【参考記事】
計画を立ててから始まるのが就職活動です
就職に関するあらゆることが決定する自己分析
中卒は絶対に持っておかなければならない就職の目的
中卒の就職は電話応対のマスターを目指そう

興味や得意なことと重なる求人情報を

 中卒者の壁となる応募資格。「学歴不問」や「経験不問」を狙い撃ちしていくしかありませんが、興味があることや得意なことに当てはまる求人情報であることは無視しない方がいいでしょう。求人情報を見るうちに新たに興味が出てくる、というのはOKです!

【参考記事】
求人情報媒体との関わり方を知っておこう
就職サイトの求人票の見ておきたいポイントを紹介
意識しないと避けられないのがブラック企業

履歴書には興味を記載すること

 バイトへの応募感覚で履歴書を書くのはダメです。興味を持ってもらえるような内容にしなければなりません。そのために、仕事や会社への興味を持っていることを全面に出してみましょう。適当に応募したのではないことが伝わるはずです。

【参考記事】
中卒が履歴書に志望動機を書く時には
中卒が書く履歴書で見られるポイント
履歴書のフォーマットって何?
アルバイトを立派な職歴とするために、就職希望者が気を付けておきたいポイント

面接時に持っておきたい自覚

 中卒だからマナーは知らないでも問題ない、なんてことは思ってもらえないので気をつけること。どんな質問にも動揺せずに答えられる、そんな頭の回転の良さとメンタルの強さも面接対策で意識したいことですね。面接時には社会人としての自覚を持っておきましょう。

【参考記事】
マナーがあって初めて挑戦できる面接
面接でイメージを決定づける服装
全てが決まってしまう?面接の入室と退室

入社準備は何をすればいい?

 入社に向けた準備には、勉強・予習・手続きなどがあります。つまり、遊んでいる暇などないのです!手続きは会社と連絡を取り合いながら行い、勉強や予習は、自分で必要だと思ったものに取り組む。社会人としてはもちろん、その会社の一員としての自覚がここでは求められるでしょう。

【参考記事】
面倒だからこそしっかりと行いたい入社の手続き
入社後の自分のためにある挨拶
内定後の業界予習で確認しておくこと
初出勤までにしておきたいこととは?
努力をすること、それが「この就職は失敗だった」と思った時にまずすること
社会人として未熟な人が就職後、社会人として働く上で注意したいこと

公開日:
最終更新日:2016/01/18