中卒の仕事探し方法を伝授!就職活動を成功に導くサイト

*

初出勤までにしておきたいこととは?

      2016/01/18

出社前日までに用意しておきたい準備物

 まず初出勤までに用意しておきたいものと言えば、洋服や靴など毎日使うものです。制服が貸与される会社でも、靴だけは自前で用意することになっている場合もあります。オフィスカジュアルの会社なら、襟付きのシャツやカーディガンのような服装が必要です。

 また最初の印象はとても大切なものですし、ある程度制限がある職場もありますので、髪や爪を切ってさっぱりとした清潔感を出しておくのもいいですよ。そして服装の他に準備を忘れてはいけないもの、それは入社に必要な書類です。

 中卒での就職ですと、未成年の方も沢山いることでしょう。特に18歳未満で就職を決められた方は、戸籍証明書や住民票など年齢がわかる書類を準備しなければいけないと決められています。企業によって違う書類としては保護者や後見人の同意書や、情報漏えいに関する誓約書を求められることもあるようです。事前に渡されている書類があれば、必ず前日までに記入や捺印をしておいて、忘れずに持って行くようにしましょうね。

事前にできる勉強をしておこう

 初出勤までにしておきたいことは、服や書類の準備だけではありません。社会人経験が少ない方は、社会人としてのマナーを簡単に勉強しておくと仕事をスムーズに始めることができます。もちろん会社でも教えてくれますが、事前に知っているのと知らないのとでは覚えるスピードにも差がでるものです。

 例えば電話に出る時には、「恐れ入ります」「お世話になっております」という言葉を使うことがありますが、良く使うものだけでもぱっと出るようにしておくと、実際に勤務が始まった時に焦らず対応できるでしょう。そんなマナー以外に、入社後に使えそうな知識や技術を勉強しておくことも大切です。

 最近ではインターネットや書籍で様々な業界について詳しく解説されていますから、そういったものに目を通しておくと勉強になります。何をしていいか分らなければ、素直にやっておいた方がいいことを面接官などに聞いてしまうのも有りです。就職が決まってから入社までの時間はあっという間に過ぎていきます。その間に少しでもできることをして備えておいてくださいね。

【関連記事】
面倒だからこそしっかりと行いたい入社の手続き
入社後の自分のためにある挨拶
内定後の業界予習で確認しておくこと
努力をすること、それが「この就職は失敗だった」と思った時にまずすること
社会人として未熟な人が就職後、社会人として働く上で注意したいこと

 - 入社の準備をする

  関連記事

社会人として未熟な人が就職後、社会人として働く上で注意したいこと

不満は言葉にも態度にも表情にも出さないこと  高校を卒業していない人が社会人とな …

入社後の自分のためにある挨拶

考えておいた方がいい?入社の挨拶  入社の手続きをしながらでも、それが終わってか …

面倒だからこそしっかりと行いたい入社の手続き

入社の手続きって何をするの?  内定を貰ったら、いよいよ就職活動の終わりが見えて …

内定後の業界予習で確認しておくこと

業界の傾向・動向・価値を確認  就職がほぼ決まったと言って、怠けていてはいけませ …

努力をすること、それが「この就職は失敗だった」と思った時にまずすること

会社の人に相談はできますか?  一度入社したら、しばらくはその会社とお付き合いを …