中卒の仕事探し方法を伝授!就職活動を成功に導くサイト

*

社会人として未熟な人が就職後、社会人として働く上で注意したいこと

   

不満は言葉にも態度にも表情にも出さないこと

 高校を卒業していない人が社会人となることは、全く社会というものを知らずにその世界に飛び込むということです。そこにはたくさんの注意点があるでしょう。数え切れないほどありますが、その中から基本的なことを並べてみたいと思います。

 中卒の人はなかなか社会の厳しさを知らないのではないでしょうか。自分の思い通りにいかないことばかり、これが社会というもの。入社後、働く中で不満に思うことがあっても、それを表に出してはいけません。言葉で不満を訴えることはもちろん、態度にも表情にも出してはいけないのです。

 この注意点が守れるかどうかで、社会人としての素質があるかどうかがわかります。是非、立派な社会人となるためにも、不満を押し殺す精神的強さを手に入れておきましょう。

遠慮と拒否は空気を悪くするかも

 入社後は、きっと様々なことを要求されるでしょう。仕事上の要求はもちろん受け入れ、それをこなしていかなければなりませんが、そうではない要求に対しては遠慮してしまったり、あるいは拒否してしまいたくなる時もあるかもしれません。

 それではその場の空気が悪くなってしまいます。入社後は一番下っ端でしょうから、何事も受け入れるようにしましょう。つまらない話をされても、それを受け入れること。仕事以外に、例えば何か面白いことをやれと言われても、それを受け入れること。

 ノリが悪いと思わせたら負け。居心地がどんどん悪くなってしまうので、くだらないと思ったとしても受け入れ、話の流れや空気感といったものを保つことを心がけなければなりません。

毎日の予習も欠かさずに

 仕事に関しての注意点で言えば、毎日予習をしておくことをお勧めします。毎日仕事をすれば必ず何かしらは身に付くはず。それを次の仕事ではどう活かそうか予習しておくのです。

 シミュレーションしておくといいでしょう。その通りにはならないことがほとんどだとは思いますが、気持ちの整理はできますし、仮にそのシミュレーション通りの状況になった時にはうまく対処できたり失敗を防ぐこともできるはず。

 復習も大事ですが予習も大事。入社後にこれを徹底しておけば、他の社員からの見る目も良い方向へと変わっていくでしょう。

【関連記事】
面倒だからこそしっかりと行いたい入社の手続き
入社後の自分のためにある挨拶
内定後の業界予習で確認しておくこと
初出勤までにしておきたいこととは?
努力をすること、それが「この就職は失敗だった」と思った時にまずすること

 - 入社の準備をする

  関連記事

内定後の業界予習で確認しておくこと

業界の傾向・動向・価値を確認  就職がほぼ決まったと言って、怠けていてはいけませ …

面倒だからこそしっかりと行いたい入社の手続き

入社の手続きって何をするの?  内定を貰ったら、いよいよ就職活動の終わりが見えて …

初出勤までにしておきたいこととは?

出社前日までに用意しておきたい準備物  まず初出勤までに用意しておきたいものと言 …

努力をすること、それが「この就職は失敗だった」と思った時にまずすること

会社の人に相談はできますか?  一度入社したら、しばらくはその会社とお付き合いを …

入社後の自分のためにある挨拶

考えておいた方がいい?入社の挨拶  入社の手続きをしながらでも、それが終わってか …